Top

ULTRASTUDIOスタッフのブログ。
by ultranagasawa
検索
カテゴリ
SAIKORO YARD 改修計画①
b0161170_18463796.jpg
当事務所が設計・監理した「SAIKORO YARD」の改修計画が進んでいます。
1階のバイク置場の一部に寝室をつくる計画です。

今週の初めから現場が始まり、今日は部材の手刻みを見学させていただきました。

「手刻み」とは、大工さんが柱や梁となる木材に墨で印を付け、
ノコギリやカンナやノミを使い手作業で加工していく、伝統的な木材加工方法です。
一本一本個性の違う無垢の木の特性を見極めながら加工して組み合わせることによって、
「繋ぎ」や「仕口」といわれる接合部は綿密で強度の高いものになります。

現在では、手間やコストの削減であったり、品質の平均化という理由から、
木材は工場で機械加工する「プレカット工法」が主流となっており、
手刻みは少なくなっているようです。
今回、見ることができたのは実際に刻んでいく準備となる「墨付け」のみでしたが、
熟練の職人さんの仕事を間近で見られたことは、貴重な勉強の機会となりました。

b0161170_18463797.jpg
墨付けに必要な道具です。
手前から、墨つぼ、
墨さし、さしがね。
墨つぼの墨を墨さしにつけ、さしがねで直角を取りながら線を引いていきます。
墨付けの前に、木材のヤニ取りとカンナ掛けをするのですが、
私が朝7:30に伺った時にはすでに終わってしまっていました……。

b0161170_18463751.jpg
b0161170_18463631.jpg
無垢の木材の向きについて。
木材には向きがあります。年輪の外側が表、内側が裏です。
軸組をつくるとき、家の外壁側に表、室内側に裏が向くように、かつ表側が上にくるように組まないと、
経年によって反ったり歪んだりという変化が大きくなってしまいます。


このように、
木の特性を見極めながら加工していきます。



nagasawa / ULTRA STUDIO
by ultranagasawa | 2014-08-01 19:03 | project
アスタルテ書房 >>


Link
その他のジャンル
記事ランキング