Top

ULTRASTUDIOスタッフのブログ。
by ultranagasawa
検索
カテゴリ
吉岡徳仁 - Crystallize 展 後編
東京都現代美術館で2014年1月19日まで開催中の、
「TOKUJIN YOSHIOKA Crystallize/吉岡徳仁-クリスタライズ」展。
本日は感想後編です。

先日のブログで紹介した《Tornado》ともう一作撮影可のだったのが、
こちらの《Rainbow Church(虹の教会)》です。
b0161170_20464745.jpg
おそらく本展覧会最大の見せ場でしょう。
私もこの作品が一番よかったと思います。

ステンドグラスのように使われているのは、およそ500個のクリスタルプリズムだそう。
外から入る光がプリズムを通して虹色となり、鮮やかに空間を彩ります。
b0161170_20471479.jpg


他の展示作品としては、
チャイコフスキー『白鳥の湖』を聴かせながら音の振動で結晶化させた絵画《Swan Lake》
薔薇の切花の表面を結晶で覆う彫刻《Rose》
7本の糸から生み出される椅子《蜘蛛の糸》
ハニカム構造をもつ薄い紙で構成され、座って座面が沈むことで完成する椅子《Honey Pop》
などがありました。


展覧会全体を通して、素直に「綺麗」だなと感じました。

紙やストロー、結晶やプリズムによる光の分散といった繊細なものを扱っているのに、
力強さのようなものが感じられるのが不思議でした。

2010年に森美術館で開催された『ネイチャー・センス展』を観ているのですが、
プリズムを扱った作品以外の展示は前展からの展開があまりみられなく、
そこは少し残念かな、と思いました。



nagasawa / ULTRA STUDIO
# by ultranagasawa | 2013-11-12 18:48 | review
吉岡徳仁 - Crystallize 展 前編
東京都現代美術館で2014年1月19日まで開催中の、
「TOKUJIN YOSHIOKA Crystallize/吉岡徳仁-クリスタライズ」展をみてきました。

吉岡徳仁氏はプロダクトや家具、建築など
幅広い領域のデザインやアートの分野で活躍するデザイナーで、
本展は彼の過去最大規模の個展となります。
ちなみに、一部の部屋では携帯電話のカメラに限って、写真撮影可となっていました。

まず会場に入ると、インスタレーション《Tornado》が目に入ります。

モクモクとした実体のない雲のようなこの作品は、
膨大な量のストローを接着剤などは用いず、単純に積み上げることで形にしています。
b0161170_20335683.jpg

鑑賞者は《Tornado》により順路に導かれ、それぞれの作品と出会っていく会場構成となっています。
近くでみると、半透明のストローで構成されていることがわかります。
b0161170_20335570.jpg


後編につづきます!


nagasawa / ULTRA STUDIO
# by ultranagasawa | 2013-11-08 20:02 | review
おすすめの古本屋①
休日に古本屋巡りをするのが大好きで、
古本屋をみつけるとついふらっと入ってしまうのですが、ごくまれに「あたり」の店に出会います。

自分の好みのジャンルの品揃えがよかったり、貴重な絶版本が置いてあったり、
新しい興味を喚起してくれるような棚作りがされていたり。

このお店もそんな中のひとつ。清澄白河の「古書 ドリス」です。
b0161170_1993985.jpg


住宅地になじんだひっそりとした店構えで、店内も明るく、
一見ごく普通の古本屋さんですが、幻想文学・西洋美術・人文系の品揃えは素晴らしいものがあります。

清澄白河には東京都現代美術館があるので、
展示を観に行く際はこちらのお店にもかならず足を伸ばしています。

この日はジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージの版画集と、尾崎翠の短篇集を購入させていただきました。

---
古書ドリス
東京都江東区森下2丁目10-2
パークロダン101
03-6666-9865
13:00~20:00 水曜定休
---


nagasawa / ULTRA STUDIO
# by ultranagasawa | 2013-11-04 19:41 | diary
KBB『Age Of Pain』
私の受験期間の支えになってくれたCDの紹介です。
b0161170_1938244.jpg
KBB 『Age Of Pain』

「プログレッシブ・ロック」というロックのジャンルがあります。

wikipediaによると、
"ロックの表現方法が多様化する流れのなか、それまでのシングル用の曲作りから大幅に踏み出した制作姿勢をもつバンドを総称した呼び方である。ロックというジャンルにとらわれることなく、他ジャンルの影響を反映した、前衛的あるいは先進的(プログレッシブ)・実験的な音楽といえる。クラシックやジャズなど、その音楽のアプローチや演奏法にとどまらず、精神までも取り込もうとしていた。
とあります。
上記の説明読んでもをよくわからないと思いますが、
いかにも、「よくわからない音楽」という認識でいいと思います。

私の最も愛するバンド「KBB」もプログレッシブ・ロックにジャンル分けされるバンドのひとつです。


美しいメロディ、ドラマティックかつ複雑な展開の楽曲とハイレベルな演奏による即興の応酬。
何度観ても飽きません。

ライヴが素晴らしいバンドですが、けっしてその公演数は多くありません。
しかしそのぶんCDで聴くメリットも多いと考えています。
壷井さんによる素晴らしいMIXもそうですし、
レコーディングは大部分で生ヴァイオリンを使われているので、
ライブでのエレクトリックでは歪みに消える繊細なニュアンスもはっきり聴き取ることができます。

本作も「とにかく音が綺麗」という第一印象を持ちました。

ヴァイオリン・ピアノはもちろん、
ドラムの音もこれだけ抑揚の激しい展開でひとつひとつていねいに拾ってあり、
スネアとハイハットの連打部分でも音が濁っていなく、シンバルも綺麗に伸びている。
バスドラムやベースの音もマスキング効果を避けつつちゃんと抜けてきます。

本作を聴いてあらためて壷井さんはヴァイオリニストとしては言うに及ばず、
レコーディング/ミキシングエンジニアとしても一流だと思ったのでした。

(今日の日記はマニアックすぎたと反省しながらアップします…)


nagasawa / ULTRA STUDIO
# by ultranagasawa | 2013-10-24 19:45 | diary
東神奈川 「根岸屋」
コンペ提出 + 私の資格試験終了ということで、
昨夜は打ち上げに連れて行っていただきました。

東神奈川駅を降りてすぐの居酒屋「根岸屋」です。

のれんをくぐると、コの字型のカウンター、木札に手書きのメニューなど、
昔ながらの居酒屋の風情を残しますが、内装は新しく清潔感があります。
b0161170_17532789.jpg


そしてなんと、ポテトフライから刺し身までメニューのほとんどが200円~500円。
そのリーズナブルな価格に反して何を食べても美味しいのがすごいと思いました。

〆はBar star Dustへ。
b0161170_1834285.jpg
店内の照明は暗く落とされていて、窓からは海に映る夜景が見えます。
あいかわらず横浜らしい、大人のムードのあるお店です。

客が私たちだけの店内で、
コンペの反省と今後の戦略を語り、モチベーションを上げたところでお開きとなりました。

ごちそうさまでした。

nagasawa / ULTRA STUDIO
# by ultranagasawa | 2013-10-23 18:07 | food


Link
その他のジャンル
記事ランキング